« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

そろそろ限界か

ウチのテレビはソニーの15インチで、14,5年前に買った物だ。
最近、いろんな番組を見ていて思うのは、テロップの文字が異常に小さいということ。ちょっと前まではこんなに小さい文字は使われてなかった様な気がする。で、これだとウチのテレビだと潰れてしまって認識できないことが増えてきた。ブラウン管のフォーカスも経年変化で甘くなってきたのかもしれないけど、やっぱり文字が小さいのが原因じゃないかな。
最近の放送は地上波デジタルだったりデカい高性能テレビがターゲットになってるから、制作する側も小さくて安いブラウン管テレビのことは考慮しなくなってきたのかもしれない。PS3や次世代DVDのことを考えると、さすがにそろそろ買い換えの時期かもなぁ。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2005総集編〜

■2005年で好きなCM■

★富士ゼロックス「アペオスシリーズ」
嶋田久作などが出演のCM。アペオスとはどんな商品なのかをコントドラマ風に紹介するシリーズCM。何作かあったのですが、特に好きなのがシリーズその3の「What is Apeos?」篇。「ドンデンは返さんでしょ?」っていうやつです。出演タレントさんがみんないい味出してます。

★グリコとろ〜りクリームonプリン
岩田さゆりがいきなり家に来てプリンにクリームをかけるというシュールなCM。いくつかバージョンがありますが、アパートにやって来るやつのロングバージョンがいいです。そのバージョンには、帰り際、次にクリームをかけに行く場所をチェックするシーンがあって「クリームかけ」はあくまでも職業であるということが判ります(笑)。


■2005年で嫌いなCM■

★アサヒ「缶酎ハイDew」
「でゅーーーーっ!!」て長く叫ぶうるさくて不快なCMだった。自分はこのCMが流れるとすぐにチャンネルを変えていたほど最悪CMだった。案の定、非難の声が殺到したらしく編集し直して2005年5月30日から新CMへ変更。アサヒビールのサイトにも宣伝部からお詫びのメッセージが掲載されたほど。目立つためとはいえ常識を越える不快さをCMで表現してしまったという悪い見本。昔から思うんですが、アサヒビールやアサヒ飲料のCMは訴求力がないものやなんとも微妙なものが多い気がします。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2004総集編〜

■2004年で好きなCM■

★AIGスター生命
もしすると2003年からスタートしてるCMかも。2頭の象(親子?)が水辺で水を飲んでいて、1頭が足を滑らせ落ちてしまう。しかも頭から水に落ちるのでインパクト大!その後、もう1頭が鼻を使って助け上げ、そして2頭で水辺を去っていく。素晴らしいタイミングと落ちっぷりに笑ってしまうし、助け合う2頭も人間的で感動。さらにこれが演出でもなんでもなく偶然撮影されたドキュメンタリー映像とのことでさらに感動。

.

.

■2004年で嫌いなCM■

★グリコガム「ウォーターリング」
グッチャグッチャと噛む音をそのままCMで流す。私のCM視聴史上、キモい最悪CMでトップといってもいい。シズル感(※)とはこういったことじゃないだろ!という悪い見本。

ま、そんな感じ。

------------------------------------

※)シズル感(sizzle):本来は肉とかを焼くときのジュージューといったような擬音のこと。転じてCMなどでは食べ物をいかに美味しそうに表現するか、購買意欲を刺激するか、みたいな感じに使われる言葉。例えばビールの泡とかジョッキに付いた水滴とかゴクゴクと飲む音とか。
ちなみに10年程前にも書いたけどビールのCMは各社とも飲むときの音が不自然すぎるので好きではない。軽〜く音を入れるくらいか、無しでもいいと思う。缶に付いたしずくやジョッキの泡だけで十分美味しそうに見えるから。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2003総集編〜

■2003年好きなCMリスト■

★KIRINメッツ
20年前、タンクローリーに巨大メッツ缶を載せた大好きなCMがあったのですが、そのCMへの自身によるオマージュとでも言いますか、そんな感じのCMでした。当時の曲をアレンジして使ってます。なので当時を知らない人にはどうってことないCMだと思うのですが私は感激。

★GEKKEIKAN
3000円が当たるキャンペーンのCM。動物着ぐるみが草原風トランポリンでジャンプしながら告知。西川のりおの歌が鳴り響きます。私は浜崎あゆみ同様、西川のりおも好きではないのですが、このCMは全体が謎で超不気味でバカCM好きには頭に焼き付くのです。そんなところがたまらなく良いです。

★テイジン「ヒューマンソリューション」
このシリーズは今もやってますね。外国人の女の子(カトリーヌ)が「だけじゃない、テイジン」て言うやつです。彼女の演技がキュートだし、ちょっぴり外国CM風の演出で全体のテンポも良く、テイジンの会社の方針や業務も(わかりやすいとは言えないけど)気持ちよく伝わってくる。すばらしいCMです。

.

.

■2003年嫌いなCMリスト■

★サンヨーデジカメ
SMAP草なぎ君がハイテンションで出演。草なぎ君はどのCMに出演してもいつも無理しすぎ、背伸びしすぎなので見てる方がつらいです。今回も松田優作の「なんじゃこりゃ」のパロディで無理しすぎ。2004年3月ぐらいから新バージョンで赤いパンダの格好するやつも始まったのですがこれも例に漏れず、といった感じで・・・。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2002総集編〜

自分のHPで好きなCM、嫌いなCMを箇条書きにしてるのですが、ここ数年は面倒で書いてません。でHPの方とダブっちゃうんですが2002年くらいからのCMをリストアップしてみようかと思います。昔のことですっかり忘れちゃってるので、各年あたり2,3個くらいですが。

とりあえず

■2002年で好きだったCM■

★ホンダのASIMOが電車に乗り遅れるCM
とにかくASIMOがかわいい。階段も下りられるし方向転換も速くなったASIMOだけど、それでもまだスピードが遅いのでまだ改良しなきゃなぁ、というホンダ自身へのメッセージ入りだろうな。ちなみに2006年現在、ASIMO君は時速6kmで走ることが出来るようになりました。開発チーム、よくやりました!

★森永ハイチュウ
浜崎あゆみは大嫌いなのですが、彼女が出演した「宇宙戦争篇」「鯨の腹の中篇」は意外に、というかなかなかバカCMで良かった。えーと、言っておきますと私はバカCM好きです。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

いろいろまとめて雑記

●最近は「Rule of Rose」をプレイしてる。

これは公式サイトのムービーを見て買いを決定したソフト。
http://www.playstation.jp/scej/title/ror/
chulipのパンチラインとCG制作会社の白組が作ったアクションアドベンチャーで雰囲気は最高。
実際は白組がメインなのかな。ゲーム部分を白組が作ったっていうのはちょっとビックリした。
背景(ステージグラフィック)やキャラクターの作りはなかなかイイ!
犬と少女が出てくるので見た目はカプコンのデメントっぽいけどそれはやったことないので実際に似てるのかは判らん。
アドベンチャー的にはユルくてストーリーを楽しみながらやる分にはちょうどいいんだけど、敵との戦いがうざい。
もっとゆっくり探索したいのにじゃまされちゃう。
それはそうと、このゲームって宣伝してる??
ほとんどの人はこんなゲームが出てることすら知らないんじゃないかな。もったいない。
てか自分が制作担当なら凹みまくり。

●また確定申告の季節がやってきた。去年同様、最終の清書は税理士さんに頼んじゃうので楽な方なんだけどそれでも領収書の整理に1日や2日はかかってしまう。ふんがぁ・・・。

●なんとなく「奇々怪界」を3Dでリアルにリメークすると格好良くなる感じがする。武刃街の竹やぶのステージみたいなところで「リアル萌え小夜」を使いながら敵を倒していく感じ。
タイトーさんよろしく(笑)。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »