« 2008年2月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

映画観るのは大変なんだな

身体を壊してからしばらく外出をしてなかったので、リハビリを兼ねて10数年ぶり(スターウォーズ特別編以来!)に映画館で映画を観るか、と一番近いシネコンへ出かけた。しかぁし、チケット売り場は長蛇の列!チケット買うだけで1時間以上はかかりそう。お目当ての「スカイ・クロラ」上映スタートまで30分しかないのであきらめた・・・・。観れなかったガッカリ感と猛暑だったのでグッタリ…。今日は盆休みとポニョ人気が重なったからかな・・・・。最近はチケットをネットで予約すると待ち時間がないみたいなので今度はそうしよう。というか、こんな感じで自分には映画館で映画を観るのには「観るぞ!」という強い意志と行動力が必要なのでついついTVで観る事になってしまう。それで映画館に行かなくなっちゃったんだけど。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2008年その1〜

■2008年で嫌いなCM■

★グリコ「プリッツ パクパク篇」
2008年3月くらいから流れていた国分太一主演のCM。
杉田玄白の「ぱく」と「パクパク」を関連づけようと必死になるのが見ていてむかつく。やたらうるさいし、太一君と女子高生たちの無理した動きが痛々しくさえ感じる。

★JTB「旅かなう。JTB流 フレンドリーハワイ」篇
竹内結子主演で2008年6月から流れているけど7月後半はやたらと出稿量が多かった。
竹内が「マハローーーーーーーーー!(ハワイの言葉でありがとう?)」って長く叫びすぎていて不快。2005年のアサヒDEWと同様の不快さ。竹内結子は好みの女優なのですごく残念。叫びを短くするとかちょっと演出変更するだけで良いCMになるのに・・・。

★缶コーヒー、缶ビールなど全般
ここ数年、特に目立つようになってきたのが缶ドリンクの飲むシーンの不自然さ。ほとんどのCMに言えるんだけど、出演者が飲んでないのが明らかに分かっちゃう。飲んで缶を口から離すとき傾けたままだったり(中身が入ってたらこぼれるはず)、缶を持つ手が軽そう(重さを感じない)だったり、口の中に明らかに液体が入っていない仕草、ノドを液体が通過していない芝居など不自然なところがすごく目立つ。昔はこんな事はほとんど無かったと記憶してるんだけど、なぜ最近目立つんだろう。単に自分が気にし始めただけなのかな・・・。少なくとも出演者にはもっと上手に芝居してもらいたい。(あるいは演出家がちゃんと指導すべき。)
本物のドリンクを飲まなくても、缶の中に水を入れて撮影すれば重さも感じられるし、液体を飲む表現(ノドを通過する感じや唇の潤いなど)が出来ていいんじゃないかと思うんだけど。

------------------------------------------
※2008年にまた気になるCMがあれば「その2」に続く。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2007総集編〜

■2007年で嫌いなCM■

★アルデプロ
2007年8月くらいからかなりの出稿量で放送されていたうるさいCM。
主演は西村知美と沢村一樹。出演者たちが「アールーデープーローーーー!!」と叫ぶだけのCM。アルデプロは不動産会社らしいが、このCMでは何の会社かもワカランし目的もワカラン。とにかくうるさすぎでイラつく。

★マクドナルド「マックグリドル」
2007年7月くらいから流れていた。
最後に出てくる男性が関西弁で「一回食べてみたらわかんねん」とか言って終わるCM。とにかくこの男性の関西弁が胡散臭く聞こえるのと言い方がシャクに障る。

★クラレ「ミラバケッソ」
2007年11月くらいから流れていた成海璃子主演のCM。
「ミラバケッソ」っていう言葉を連呼してアピールするうるさい系のむかつくCM。公式サイト見ると「ミラいにバケる新ソ材」の一部分をつなげただけという稚拙な言葉。単語の頭文字を取るならまだしも、何とも中途半端な省略の仕方。さらにサイトではミラバケソと「ッ」に括弧まで付けてるかっこ悪さ。
数年前の日産MJIと同類のひどさがある。成海璃子はエコガラスなど他のCMでは魅力を出している良いタレントだけにこのCMの企画の悪さが残念。
ちなみに2008年にはアルパカのクラレちゃんが登場。アルパカ自体はすごく可愛いんだけど「ミラバケッソ」というテーマに変化は無く残念なままである。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2006総集編〜

■2006年で好きなCM■

★興和「新ウナコーワクール もろこしヘッド」
北乃きいの奇妙なダンス「もろこし体操」(ラッキィ池田が振り付け)がすばらしい。とてもミスマガジンがやるようなCMとは思えないB級さにしびれた。
Webではロングバージョンも見ることが出来てこれもバカで良かった。
2007年も「もろこし体操第二」とかいう続編が作られてこれも最高!
しかし2008年の足立梨花バージョンのダンス(これもラッキィ池田が振り付け)はコンパクトにまとまりすぎていてバカさ加減が弱まってしまい残念。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年9月 »