« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

世界の破壊者ディケイド

おのれディケイドォ!!この最終回は無いわ!というかこんなの最終回じゃねぇし。チビッ子向けにアポロガイストをやっつけたところで終わればまだよかった。これじゃ知らずに見てたら打ち切りにしか思えない。いや、このあと映画なんかやるくらいなら打ち切りの方がマシだ。映画を観に行く気のないワシとか子供たちとかは真のエンディングを知ることなく生きていくのか・・・。(DVD買えってこと?)

それにしても「東のエデン」といい、最近は数ヶ月かけて映画の宣伝するのが流行ってるのか?!
(「東のエデン」はとりあえず最終回っぽい終わり方だったので気分良く観れたけど。)

ま、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東京マグニチュード8.0」8話あたりまで観た感想

毎週観てるんだけど今のところ微妙。
地震の表現や全体の雰囲気作り、心理描写はまぁいい感じなんだけど、主役の女の子(ミライ)の弟(ユウキ)が自由奔放すぎていらつく。

「おまえはジッとしてられない症候群なのか?!」

と問いたくなるほど言うことを聞かない。

まぁ現実の子供の行動っていうのはこんなものだろうからある意味凄くリアルな描写とも言える。

そういう見方をしないと個人的にはつらい。
ただ、8話ではそのユウキを含めた登場人物の様子、全体的な雰囲気が何かいつもと違っていた。

もしかしてテーマは「死(大切な人との別れ)」?

9話以降、別の意味でつらい展開になりそうな気が。

ま、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ぼくなつ4で夏休みを楽しむ

ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図」をプレイしたので感想を書いてみる。

今までのシリーズ全作をプレイしてホントに好きなゲームだったので、今回もすごく期待した。が、正直、期待が大きすぎたせいもあり、何か物足りないストーリーで、エンディングも(1種しか見てないけど)感動しなかった。シリーズ1作目のストーリーの良さとノスタルジー感、2作目の内容の濃さに比べると薄い感じ。(3作目はノスタルジー感が薄かったけど…。)

全体的には今までのシリーズを踏襲してるので大きく変わったところはないハズなんだけどなんかが違う。虫訓練やモンスター消しゴム、合い言葉、 50円ゲームなどサブ要素が多いのは素晴らしかった。けど・・・やっぱりゲームそのものに没入感が得られなかった。ほんの小さな理由なのかもしれない。例えば次に挙げるような理由。

--------------------------------------------------------------------
・オープニング(とエンディング)のあの曲は合わなすぎ。いきなりノスタルジー感を削がれる。もっとスローテンポな曲にして欲しかった。

・ぼく君の声は子役にして欲しかった。(矢島晶子で十分いい感じなんだけど、今までのシリーズを考えると「子役」のぎこちなさとリアル感が欲しかった。)

・太陽君の声が田中真弓なので特定アニメキャラが頭に浮かび気持ち悪かった(無名の人を使うか子役にして欲しかった)

・おじちゃんのガラが悪い。見た目がほんわかしてるのに、まるで漁師のおっちゃんのように威勢がよすぎて合わない。

・今までのシリーズだと普通の昆虫と甲虫類(相撲に使える虫)と交換できたはず。それが出来ないので、昆虫採集をする意味合いが少なく、キングを集める理由もなくなり意力も湧かない。あと、甲虫類を捕るときに「砂糖水」を使う仕様は残して欲しかった。

・毎日気楽に出来るお手伝いが欲しかった。今までのシリーズのように朝顔の水やりとか。(仏壇のお参りはあるけど、お手伝いっていう感じじゃないし・・・)

・お手伝いもそうだけど、おじちゃんやおばちゃんとの繋がりを深める出来事が少ない。会話もワンパターンで話しかける意味がないし、今までのシリーズにはあった「晩ご飯クイズ」も無くなってるし、細かいところが省略されていて、これがエンディングでの別れの感動が少ない理由かも。
(会話がワンパターンなのは他のキャラクターにも言える。今までのシリーズは、複数回話しかける意味があった。)
--------------------------------------------------------------------


このように今までのシリーズから退化したちょっとした部分が感動を得なかった理由なのかもしれない。結局、全作プレイしてみて、一番感動して好きなのは1作目のリメイク版「ぼくのなつやすみポータブルムシムシ博士とてっぺん山の秘密」だなぁ、と感じた。1作目はストーリーの内容が良く没入感もあり、何度プレイしても泣ける。

ま、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立体ピクロス 作品コンテスト第3回も落選・・・

立体ピクロス」の第1回コンテストに入選したのは先日書いたけど、懲りずにその第3回コンテスト(テーマは「乗り物」)にも応募した。今回はユーザーネームを変えて3種類応募したけど残念ながら落選。

↓応募した3種類
01
02
03

入選者の作品を見てみたけど、どれも良い出来で特に発想が素晴らしい。悔しいのは入選者の中にも「かご」を題材にしたものがあったこと。でもこの入選者の作品の方が「かご」のデザインやシールの使い方が絶妙で、自分の作品より数倍出来がいい。ということで今回は完敗だった・・・。

ま、こんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »