« ゲームやテレビ番組をフルハイビジョンでキャプチャする | トップページ | CMつぶやき〜2012年その2〜 »

iMovie'11(Ver9.0.4)覚え書き

今までビデオ編集するときはDVデッキをMacで遠隔操作して取り込んだり書き出しが必須だったのでiMovieHD(Ver5.0.2)をiMac(OSX10.6.8)でだましだまし使っていた。最近になって、ビデオはHDを扱うことが増えてきたのと、編集後のビデオはmp4(H.264)でHDDに保存するようになってきたのでiMovie'11(Ver9.0.4)を少しずつ使うようになってきた。なので各所から集めた情報や、気づいたことを自分用の備忘録として記しておくとする。

■動画ファイルの「読み込み」で960x540以上のHD動画(1280x720や1920x1080)の場合は通常

ビデオの最適化「最大-元のサイズ」

にチェックを入れるのが通例だと思うが、それだと「Apple Intermediate Codec」にコンバートし直しが行われるので読み込みに大変時間がかかる。なのでHD動画の場合はチェックを外すと元のコーデックのまま読み込まれるので待ち時間が短くて済む。
Imovie001

Imovie002

■ムービーに書き出すとき、任意にチューニングしたmp4(H.264など)に書き出す場合は「QuickTimeを使用して書き出す」を使うしかないが、元のムービーの長さ(時間)の6〜9倍の書き出し時間がかかる。(うちのiMacでH.264、HDサイズ、10Mbps以上のクオリティの場合)
ところが「ムービーを書き出す」を選んで元の動画サイズ(下図の場合だと"HD720p")をチェックして書き出せば元の動画の倍くらいの時間で書き出しが終わる。

これは元の動画と同じコーデックで書き出されるから速いんだろうと思っていたが、実際には若干転送レートが変わっていたり、フレームレートも30fが29.97fになっていたり、暗部が若干明るくなってブロックノイズが増えてたり、H.264だけど拡張子がmovになっちゃうとかがある。(Macで再生するには問題ないがPS3などでは再生できなくなっちゃう。ということはこの方法は全然実用的じゃない?苦笑・・・)
ちゃんとした動画が必要なら、時間はかかるが「QuickTimeを使用して書き出す」で書き出すしかないだろう。

Imovie003_2

Imovie004

で今のところはチップス的なのはこれくらいかな。気づいたことは随時追記していこうかと。

ま、そんな感じ。

※2013年追記:
iMovieはやっぱりイマイチ使いにくいし、かゆいところに手が届かないし、デカい動画はとても処理が重くて使えないし、等々で使わなくなってしまいました。今は安いAdobe Premiere Elementsを使っていますが、とても感覚的で使いやすいです。今まで苦労してたのは何だったんだ、っていうくらい使いやすいです。皆さんも特にiMovieに思い入れが無いのであればPremiereを使ってみることをお薦めします。

|

« ゲームやテレビ番組をフルハイビジョンでキャプチャする | トップページ | CMつぶやき〜2012年その2〜 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158360/54631068

この記事へのトラックバック一覧です: iMovie'11(Ver9.0.4)覚え書き:

« ゲームやテレビ番組をフルハイビジョンでキャプチャする | トップページ | CMつぶやき〜2012年その2〜 »