« 【気になるタレント 2013 その3】『飯豊まりえ』 | トップページ | 【獣電戦隊キョウリュウジャー】最終回観た! »

【気になるタレント 2013 その4】『能年玲奈』

能年玲奈
Kose_01
Asahi_nonenrena
Rena_nonen_amachan
Rena_nonen_avatar

いろいろ心配で気になるタレント「能年玲奈」です。「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈はカルピスウォーターのCMでの元気さ、ひょうきんさ、あまちゃんでの芝居の上手さは大変良いのですが、20歳とは思えないフリートークの下手さ、頭の回転の悪さ(機転が効かない、空気を読まない)、滑舌の悪さに目を覆います。アサヒ「ナチュレーブ」の CMでは何言ってるか分からない、空気のかすれる音しか聞こえないってレベルです。上記に掲載のコーセーとアサヒの写真でも分かるように見た目だけはとん でもなく綺麗で、最近にしては珍しい純日本人的アイドルであり、小動物的なかわいさもズバ抜けているんですけどね……。

実はこのトークできない振る舞いは全て事務所から言われた通りに行動している、つまりそれすらも「演技」という噂もありますが、このままの「売り方」では芸能人としては心配です。トークやコメント、舞台挨拶 も何もやらない、マスコミに全く姿を出さない、純粋な女優一本でやっていくのならまぁ有りなのかもしれませんがそんなのは現実には無いでしょうし。

冷静に考えると「あまちゃん」の芝居が上手く見えたのはたまたま「あまちゃん」の設定(素朴、天然ぼけ、なまり)が能年に合ってただけな気がしますね。むむむ、「(自分に合ったもの以外)芝居できない」「フリートーク出来ない」「空気読めない」となったら将来が絶望じゃないですか。

ただ、謎なのが自身の写真集の囲み会見などではスラスラと自分の意見を発言してますし、しかもその内容がしっかりとしてたりするんですよ。なのでやっぱりバラエティ番組などでは「不思議ちゃん」を演じているのか、実はものすごく空気を読む能力がありすぎて、中途半端でウケない発言をしないようについ黙ってしまうのかもしれません。

役柄が彼女に合ったときのその人物になりきる爆発的な表現力は他に類を見ないほど希有な女優だと思うので、事務所を含め周りが彼女を潰さないようにしないと貴重な人材を失うことになりそうです。

※2014年3月追記:
そうこうしてるうちに2014年3月からカルピスウォーターの新CMが始まりましたが、前作に比べると酷いです。セリフが棒読み過ぎる。

※2014年4月追記:
2014年4月5日放送の「世にも奇妙な物語」のエピソード「空想少女」では主演でしたが一部ネットニュースでは芝居の下手さが話題になっていました。しかし自分が観た感じでは芝居はいつも通りの能年節で滑舌が悪いながらも飄々(ひょうひょう)とした演技でこのエピソードには合っていた様に感じます。このエピソードが漫画的であまちゃんにも近いものがあったのが彼女には合ってたのだと思います。でも運が悪いことにこのとき共演の飯豊まりえの演技が素晴らしかったので、能年の演技が霞んでしまったというのが世間の評価を余計に下げちゃったのかも。

そんなこんなですが、非日常的ドラマでは能年の良さが発揮できるけど、普通のドラマでは心配でならない、というのが彼女に対する評価ですね。

Rena_nonen_kimyou2014
Rena_nonen_kimyou2014_2
Rena_nonen_kimyou2014_3

-------------------------------------------

他に2013年で気になるタレントは
松岡茉優
藤沢玲花
飯豊まりえ
とか。詳しくはリンク先へ。

ま、そんな感じ。

|

« 【気になるタレント 2013 その3】『飯豊まりえ』 | トップページ | 【獣電戦隊キョウリュウジャー】最終回観た! »

「CMつぶやき」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158360/59545573

この記事へのトラックバック一覧です: 【気になるタレント 2013 その4】『能年玲奈』:

« 【気になるタレント 2013 その3】『飯豊まりえ』 | トップページ | 【獣電戦隊キョウリュウジャー】最終回観た! »