ミスドのロゴマーク

昔からミスタードーナツのロゴマークを見ると
どうしてもこんな風に見えちゃう。

チビTシャツ着てるガリガリの乳首見えてる人…
Photo

ま、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セロテープがもったいない?!

数年前にテレビでセロテープアートなるものを見た。セロテープだけで巨大な立体を作る瀬畑さん(http://www.ryo-sehata.com/
という人のアート作品。最初見たときは単純にすげぇ!と思ったけど次の瞬間、すげぇと思ったのはそのセロテープの使用量に対してだと気づき、とにかく「もったいない」という気持ちしか持てなくなった。
ものすごい大量のセロテープを無駄に使っているのだから…。

昨日もV6のテレビ番組「クマグス」に瀬畑さんが出てきて久しぶりにセロテープアートを見たけど、やっぱり「もったいない」の気持ちしか生まれなかった。なんの躊躇もなくセロテープをジャー!ジャー!と引き出して丸める瀬畑さんの姿に、「なんてことするんだ!」と鳥肌すら立った。

先に「無駄」と書いたけどアートとして人を感動させるという意味では全く無駄ではないのかもしれない。
セロテープを単に材料(物質)として捉えればブロンズもシリコンも鉄も紙も、そして絵の具ですら同じ事だし。
でも、なぜかセロテープの場合は「もったいない」と感じる・・・
それどころか「頼むからやめて!」と恐怖心すら感じてしまう。

モノの本来の目的と違う使い方をするアートなんかいくらでもあるんだけど、その躊躇しない使い方と尋常じゃない使用量とが「もったいない」感を助長させているのだと思う。

それとセロテープのメーカー「ニチバン」がスポンサーにまで付いて協力し、瀬畑さん専用のセロテープまで作る有様で、
こういうセロテープの無駄遣い(←あえてこう言わせていただきます)を推奨してるかのような感じで不快な気分になる。
さらに「セロテープアート」で登録商標も取ったりしているのが脳天気で滑稽だと思っちゃう。
(ま、セロテープそのものがニチバンの登録商標だからしょうがなく商標を取ったんだろうけど。)

まぁ今回は単にこういう感じ方の人もいるんだという程度に思って欲しい。特に瀬畑さん対しては、御本人のアートを否定するような文章になってしまい申し訳ない。
ま、弱気にそんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何を買えばいいのか・・・

朝食はパン&マーガリン派。
例のトランス脂肪酸の恐怖があるのでホントはマーガリンを止めたいんだけど、味や食べやすさ、バターに比べ塗りやすい等で止められない。
ということで、どうせ食べるなら少しでも健康に良さそうな「ネオソフトべに花」をいつも選んでいた。ノーマルのネオソフトだけは最悪だと信じて。
で、今日、何となく雪印のHPを見てみると「べに花」の方がトランス脂肪酸の含有率が高いではないか!ここ数年の健康診断で悪玉コレステロールが上がる一方だったのはそのせいだったのか?(ま、運動不足とかそっちの方が原因なんだろうけど・・・)

さらに「この記事」を読むと、健康に良いと思っていたべに花に多く含まれるリノール酸もヤバげだ・・・。

入手しづらいけど創健社のものに変えた方がいいかな・・・。
てか雪印や明治みたいな大手もなんとか改良しろよ!

あぁ、ホントに何を買えばよいのやら。

| | トラックバック (0)

栄養摂取って大変だ

先日マクドナルドに行くと、トレイの上のペーパーシートに栄養摂取バランスについて書いてあった。最近厚生労働省も「食事バランスガイド」として「コマ」に例えて啓蒙してるアレの絡みだろう。
マクドナルドの物は↓これ
Mac_fe01

里中満智子の微妙な漫画はさておき、これの表の部分を拡大すると・・・

Mac_fe02

鉄を13.5g!

500円玉でいうと2枚分くらいの重さだよ!!
わ〜ん、毎日「砂鉄」をスプーンでザクザク食べないと全く足りないよ〜!

ま、その後、厚生労働省のページで確認すると13.5mgの間違いだと分かったのでホッとしたんだけど。もちろんマクドナルド社にもメールで指摘しておいた。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (1)

嬉しくない

よく日本で「流しそうめん世界一」とか「世界最大のお好み焼き」とか「デビュー以来連続○○曲オリコン1位獲得」とかでギネスに申請してるけど、そういうのはやめて欲しい。だってお好み焼きとか日本だけのローカル食じゃないか。日本国内で連続何回1位取ろうが世界的にはどうでもいいだろ。そんなの世界の人が見たって楽しくも何ともないし感動もない。
記録つくった日本人自身もそんなローカルルールでギネスに載っても嬉しくないだろ。ギネスもそういう記録は認定しないで門前払いして欲しいものだ。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

この機能にどれだけの需要があるのかわからんが

今はどんなHDDレコーダにもCMカット(あるいはCMでチャプター設定)機能が付いてるけど三菱のはCMだけ再生が出来るらしい。
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20060601/mitsu.htm

で、世の中のCMカット機能はステレオかモノラルかで判断してる。こんな仕様だからステレオの番組(歌番組とか)だとCMがカットされない。(確か他に音量やら雰囲気?で自動的にCMかどうか判断する技術もあったような気がするけどそんなのは確実性がないし信用できない。)

地デジになったらCM専用のコードを放送波に埋め込めそうなんだけどそういう構想はないのかな。そうするとどんな番組もCMだけ簡単に抽出できるのでCM好きには嬉しい。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

そろそろ限界か

ウチのテレビはソニーの15インチで、14,5年前に買った物だ。
最近、いろんな番組を見ていて思うのは、テロップの文字が異常に小さいということ。ちょっと前まではこんなに小さい文字は使われてなかった様な気がする。で、これだとウチのテレビだと潰れてしまって認識できないことが増えてきた。ブラウン管のフォーカスも経年変化で甘くなってきたのかもしれないけど、やっぱり文字が小さいのが原因じゃないかな。
最近の放送は地上波デジタルだったりデカい高性能テレビがターゲットになってるから、制作する側も小さくて安いブラウン管テレビのことは考慮しなくなってきたのかもしれない。PS3や次世代DVDのことを考えると、さすがにそろそろ買い換えの時期かもなぁ。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

いろいろまとめて雑記

●最近は「Rule of Rose」をプレイしてる。

これは公式サイトのムービーを見て買いを決定したソフト。
http://www.playstation.jp/scej/title/ror/
chulipのパンチラインとCG制作会社の白組が作ったアクションアドベンチャーで雰囲気は最高。
実際は白組がメインなのかな。ゲーム部分を白組が作ったっていうのはちょっとビックリした。
背景(ステージグラフィック)やキャラクターの作りはなかなかイイ!
犬と少女が出てくるので見た目はカプコンのデメントっぽいけどそれはやったことないので実際に似てるのかは判らん。
アドベンチャー的にはユルくてストーリーを楽しみながらやる分にはちょうどいいんだけど、敵との戦いがうざい。
もっとゆっくり探索したいのにじゃまされちゃう。
それはそうと、このゲームって宣伝してる??
ほとんどの人はこんなゲームが出てることすら知らないんじゃないかな。もったいない。
てか自分が制作担当なら凹みまくり。

●また確定申告の季節がやってきた。去年同様、最終の清書は税理士さんに頼んじゃうので楽な方なんだけどそれでも領収書の整理に1日や2日はかかってしまう。ふんがぁ・・・。

●なんとなく「奇々怪界」を3Dでリアルにリメークすると格好良くなる感じがする。武刃街の竹やぶのステージみたいなところで「リアル萌え小夜」を使いながら敵を倒していく感じ。
タイトーさんよろしく(笑)。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

今年のロボコン

NHKでやった今年のロボコンを見た。
先日の日記に今年のプログラミングコンテストや去年までのロボコンについてルールを変えるべきだって書いたけど今年はどうだろう?不安を抱きながら見た。

が、心配は不要だった。今年は決められたコース上にある障害物を乗り越え、早くゴールまでバトンを運ぶ競技だった。これですよ、これ!わかりやすいルールとアイデアを発揮できるシチュエーション、そしてゴールしたときの達成感!こうでなくちゃいけない。
来年もこのルール(競技)のままでいいと思う。例えばTBSのSASUKEの様に、基本的なコースは変えずに、毎回いかにそれを早く格好良くクリアできるかを競っていく感じでいいと思う。同じコースでもアイデア次第でいろんな攻略ができるし、見てる方も「こんな攻略法があったのか!」なんて具合に楽しめるし。

というわけで今年のロボコンは久しぶりに気持ちよく見れた。途中で敗退しちゃったけど、小山高専、大阪府立高専、茨城高専はいいアイデアのロボットだった。来年もこんな感じでよろしく。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

プロ魂

NHKでやった全国高専プログラミングコンテストのビデオ見た。

最近のロボコン同様ルールの規定がひどい…。画像認識(バラバラになった細かい画像を元の画像のどの位置にあったかを見つけだすジグソーパズルの様なもの。何ピース見つけたかで順位を競う。)がテーマだったんだけど上位の学校のプログラムはどれも稚拙。
ある程度近い画像はプログラムで見つけだすんだけど、その後は人間がマウスで操作して目で見て位置を確認していた。
これ反則だろ。その最終認識までプログラムでやるのが腕の見せ所であり、プログラムの醍醐味であり、楽しいところなのに。人間の画像認識に如何に近づけるかがプログラムコンテストじゃないのか!
負けた学校の中にはまじめにプログラムだけで画像認識しようと頑張っていた学生もいたのに…かわいそうすぎる。

優勝の学校はたったの3ピース(しかも人間の目で…)見つけて大喜びしていたが、ゲストで来ていたモンゴルの学校の学生が作ったプログラム(完全に自動認識かどうかは定かではないが)は27ピース見つけていた。日本、恥ずかしすぎ。情けなすぎ。
ロボコンもここ数年はいかに相手の邪魔をするかという方向になってきていて、見ている方の後味が悪い。純粋にロボットの技術で競って欲しい。技術者としての魂を育んでいかないとこういったコンテストも底の浅いものとなってしまう。ルールの規定を見直すべきだし学生も恥ずかしいと思わないとダメだ。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)