【気になるタレント 2015 その2】『桜井日奈子』

「岡山の奇跡」と話題の桜井日奈子(さくらいひなこ)です。

岡山美少女・美人コンテスト(美少女部門)でグランプリを獲得しただけに写真集やCMで見る彼女は美少女ですね。橋本環奈はあの奇跡の写真が良すぎたので、実際の動く橋本環奈を見たときは思ったほどじゃなかったんだけど、桜井日奈子はCMでもそれなりに美少女のように見えますが、さてどうでしょう。詳しく述べていきましょう。

CMでの彼女はやっぱりネットに転がる「岡山美少女図鑑」の美しさほどの衝撃は無かったですね。彼女に限ったことじゃないですが、やっぱり写真マジックはすごい。
Sakuraihinako_okayamabishoujo
Sakuraihinako_line_music_cm
Sakuraihinako_iiheyanet_cm
Sakuraihinako_shironeko_cm

ザッと描いてみた

Sakurai_hinako_02
20170104_

あと、先日、テレビでデビュー直後の彼女のインタビュー映像を見たんですが、これがちょっと残念でした。
Sakuraihinako_interview
というのもここでも顔が引きつっていてしゃべり方も頼りなくてオーラが全く無かったんですよ。「え?この人があの桜井日奈子??」っていうのが第一印象でとても同一人物に思えないほど。

おそらくまだ田舎から出てきたばかりでものすごく緊張してたんだと思います。しゃべり方は頼りないけど話す内容自体はとてもしっかりしてたので、今後、芸能界に慣れてくればかなり良い線まで行くのではないでしょうか。

といいつつ、最近とても多くのCMに出てるので、よくよく観察してみました。するとおすまし顔は美少女ですが、しゃべったり笑ったりすると口元を中心に引きつった上記の写真の顔になっちゃうことが多いですね。こんな感じで彼女は笑ったときの口元がとても特徴的なんですが、おそらく彼女はこの口の形になるのを気にしてるようで、笑うとき手で口元を隠しますね。TVとかインタビュー映像があれば注意して見て下さい。個人的には確かに特徴的だと思うし、デビュー当時は緊張で引きつっているようには感じていましたが、今は本人が気にするほどでは無い(むしろ必ず手で隠す方が不自然)と思うし、一つの味として良いのではないかと思っています。

岡山の奇跡から日本の奇跡になるかどうか微妙?どうかな?

逆に最初に書いた橋本環奈が本人の努力からか、最近はあの奇跡の写真のイメージに近づいてきてホントの天使になってきたのが恐ろしいところ。桜井日奈子も初出のイメージにどこまで近づけるか見ていこう。

ま、そんな感じ。

保存

保存

保存

|

【気になるタレント 2015 その1】『髙橋ひかる』

Photo
個人的に注目している若手タレントの一人「髙橋ひかる」(文字は「髙橋」が正しいらしいけどこれは環境依存文字なので一般の表記だと「高橋ひかる」かな)。全日本国民的美少女コンテスト2014グランプリをきっかけにデビュー。
今放映中のCMだとCO・OPと代ゼミに出てるけど良いね。
笑顔にとても特徴があって、眉毛も太いから姫乃樹リカの雰囲気を現代風にした感じ。ただ心配なのは事務所がオスカーなのでゴリ押しによってタレント生命が潰されそうなこと(笑)。

ちなみに笑顔が姫乃樹リカにもっと似てるのはロッテ、ベネッセ、小野薬品のCMに出てる山口まゆかな。
01

なぜここまで姫乃樹リカにこだわるかというと、自分の中では歴代最高のアイドルが姫乃樹リカなので、彼女を基準に考えるからです。

さて髙橋ひかるだけど、2015年、夏くらいからチオビタのCMに出始めました。「ははぁ〜」のセリフは時代劇で見たこと無いらしく何度もやり直したらしいけど、最終版も若干ぎこちないですね(笑)

↓チオビタのCMの髙橋ひかる描いてみた
01

↓クラッシュフィーバーのCMの髙橋ひかる描いてみた
20161231

ま、そんな感じ。

保存

| | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2014年その2〜

■2014年で好きなCM■

★アイシティ 夏をアイしてキャンペーン!篇

・2014年7月くらいから放映。良い意味でバカCM。

普段は綺麗な女性が目が悪いからという理由で目を細め、それがどう見てもガンをつけてるひどい顔になるというCM。このガンつけが人によっては不快に感じるかもしれないけど、自分は面白くて好き。
最初この女性は本田翼かと思ってましたが、よく見ると右の頬に大きなホクロがあるので広瀬アリスだと分かりました。最近はアイシティのCMに注目してなかったので気付きませんでしたが、結構前から広瀬アリスがイメージガールなんですね。

それはそうとアイシティは過去にバカCMを作ってますね。数年前の作品で海外のCM賞を受賞した透明人間になるCMがありましたよね。この透明人間のCMは自分のCM視聴歴の中でもトップクラスに好きなCMです。
Eye_city_cm01

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

【2014年版】ゲームやテレビ番組をフルハイビジョンでキャプチャする

2012年に「ゲームやテレビ番組をフルハイビジョンでキャプチャする」記事を書きましたが、2014年現在は機器などを少しアップデートしましたのでお伝えしようかと思います。

今回の大きな違いはキャプチャ機器を「AVT-C281」から「AVT-C285」に変更したことです。AVT-C285はハードウェア的にはAVT-C281にHDMI入力端子を追加、ソフトウェア的にはちょっとした編集機能やYouTubeアップロード機能を追加した純粋な後継機種です。
とても素晴らしい機器ですが、詳しい検証は4Gamerの記事を参照して下さい。

我が家での接続は下図を参照下さい。
(クリックで拡大します※スマホだと大きい画像が見れないかも

Videosetting_2014jpg_2

軽く説明します。

VHSなどのテープ媒体の映像はHDDレコーダーを経由することでキャプチャを可能にしています。

AVT-C285はコンポーネント接続とHDMI接続をリモコンで切り替えることが出来るセレクターの機能があります。またAVT-C285がすごいのはコンポーネント入力したものをHDMI信号に変換してくれることです。しかもAVT-C285が電源OFFのときでもバススルーでHDMIにしてくれるという素晴らしさ。

最近導入したHDDレコーダーNo.2ですがこれは最近の機器らしくHDMIの出力しかありません。このHDMIを直接AVT-C285に接続しても著作保護技術のHDCPによりキャプチャは出来ませんのご注意下さい。詳しくは説明しませんがHDMIの分配器(スプリッタ)を使うといいことがあるかもしれません。ただスプリッタの個体差によりいいことがない場合もあるようですし、たまたま今回はいいことがあったとしても著作保護技術のアップデートにより将来は悲しいことがあるかもしれませんので筆者は責任が持てません。

ま、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CMつぶやき〜2014年その1〜

■2014年で嫌いなCM■

★グラクソ・スミスクライン社 カムテクト

・2014年3月末くらいから放映。不快なCM。ハミガキした口内水を「ペッ!」という音と共に吐き出すシーンが気持ち悪い。吐いた液体の映像まで見せちゃう。これがお昼どきにも流れるのだから食道を酸っぱいものが逆流する気分だ。とても残念なことにCM出演者が私の好きな水沢螢なので余計にショック。

※2014/7/21追記:たまたま今日見たバージョンですが、いつの間にかナレーターが杉本るみから武田広に変わってましたし、あの「ペッ!」っていうシーンも無くなってました。相変わらず吐いた泡が流れるシーンは残ったままですが…。クレーム対処ですかね。放送スタート時から視聴者からクレームが結構来てたと思うんですが、3ヶ月以上もそれを無視して放送し続けたのはどういう考えだったんでしょうね。
Hotaru_cm_kamtect

----------------------------------------
ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

【気になるタレント 2014 その4】『小芝風花』

小芝風花
Fuuka_koshiba_miu
Fuuka_koshiba_nikibi
事務所がオスカーなくせにゴリ押し感もあまりなく(笑)、CMやドラマでの演技も上手い。ドラマ「スケート靴の約束〜名古屋女子フィギュア物語〜」でも目が見えないスケーターの役を魅力的に演じてましたね。(しかもスケートは吹き替え無しで本人が滑った)
あと、たまたま観た食べ歩き番組ではフリートークもバッチリでした。この辺は関西人ならではですかね。ただそのとき感じたのはフリートークで我が道を行き過ぎて飛ばしすぎていたので自滅しないか心配。まぁいずれにせよ将来有望。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

【気になるタレント 2014 その3】『桜井美南』

桜井美南
2013年11月に2014年「キットカット」受験生応援キャラクターに選ばれて本格的な芸能活動を始めたらしいですね。なのでほとんど芝居経験が無いという状況ですが、ドラマ『なぞの転校生』(2014年1月10日〜3月29日:テレビ東京)では淡々と落ち着いた演技がベテランの風格で感心しました。(まぁ、それが若干感情の表現が出来てない感じに見えちゃうけど。)その芝居の時の表情も良くて、表面的な似てる女優で例えると吉高由里子を清楚にした感じ?
さらに『なぞの転校生』では主題歌まで歌ってるのですがこれがまたちゃんと歌えていて魅力的。今年以降、活躍が期待される有望株。


Photo
Minami_sakurai_01
Minami_sakurai_02
Minami_sakurai_03
Minami_sakurai_04
Minami_sakurai_05
Minami_sakurai_06

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

【気になるタレント 2014 その2】『黒島結菜』

黒島結菜
_profile_01
_mizuho_01
_lowrys_farm_01
先日、docomoLTE「想いをつなぐ」篇で記事にした黒島結菜(くろしまゆいな)ですが、今年に入ってから各所で露出が増えてきた感じがします。

クローズアップに堪える引き締まって綺麗で整った顔立ち、アクセントとなるアゴのほくろ、全体が醸し出すオーラ……今年の3月15日で17歳になるとは思えない存在感。すっかり虜です(笑)。まったく個人的感想ですが大昔のおニャン子クラブ「我妻佳代」が今風になったらこうなるだろうな、という感想です。
Kayoagatsuma_01
Kayoagatsuma_02

しかし少し気になることが。芝居が出来ないのでは?という疑念です。というのも最近始まった「みずほ銀行」のCMでのセリフや、3月から始まった「LOWRYS FARM」のCMでのナレーションですね。




「LOWRYS FARM」のCMのナレーションは、ちょっと小倉優子の様な少し鼻にかかった声で「作った感」が有り、感情の起伏も無く魅力が無い。むしろ不快なくらい……。

さらに5月、6月頃から始まったdocomoのCMでの「ウソです」という短いセリフも全体の流れを断ち切り、周りから浮いた感じになっています。まぁでも、このセリフがこのCMのオチなので、わざと流れを止めるという演出なんだと考えれば納得できなくもないですが…。
Yuina_docomo01
Yuina_docomo03
Yuina_docomo02

ただ、まだ芝居経験も少ないでしょうから、逆にこの特徴ある声を武器に演技力を鍛えれば非常に素晴らしい女優になる可能性はあります。

2014年はアオイホノオ(2014年7月19日スタート:テレビ東京)、孫のナマエ(2014年7月23日:NHK BSプレミアム)、呪怨 終わりの始まり(2014年6月28日公開)などドラマや映画に多く出るようですので期待してます。

Yuina_aoihonoo01_2

Yuina_aoihonoo01
(↑ドラマ「アオイホノオ」より)

Yuina_magononamae01
(↑「孫のナマエ」より)

Yuina_seishun01
(↑ドラマ「ごめんね青春!」より)

それはそうと、雑誌のプレゼントに応募したら黒島結菜サイン入りトートバッグが当たりました!将来とても有望な黒島結菜のサインがもらえたのは嬉しいです。が、バッグ自体は中途半端な大きさだし、そもそも大きくサインされているので実用性はゼロです(笑)
Yuina_kuroshima_bag

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

【気になるタレント 2014 その1】『橋本環奈(Rev. from DVL)』

橋本環奈
今話題のRev. from DVLの橋本環奈(はしもとかんな)です。まぁ「千年に一人の逸材」「天使すぎるアイドル」なので記事書かないとw
ただ、ここにも掲載しているネットに広まった「あの有名な写真」が素晴らしすぎて、番組やCMで実際動く橋本環奈を見るとそれほどじゃないというか、期待し過ぎちゃったっていうのもある。写真だとものすごくシュッっとして引き締まった、まさに天使のような美形なんだけど、実際はちょっと垢抜けないポテッとした感じ?素朴?古風な感じ?うりざね顔?昭和時代によく見たような?(決して悪い意味じゃ無いんだけど言葉で表現が難しい……一応、以下にイラストにしてみましたが……やっぱりわかりづらい?)
キリッと決めた表情や「おすまし顔」、口の形が母音で言うと「ア」「ウ」「エ」「オ」になる笑顔はホントに素晴らしく天使の様なアイドル顔だけど、「イ」となる歯を見せた笑顔が笑いきれてなく引きつっていて、これがちょっとガッカリポイントかな。顔が小さくて相対的に歯が大きくて、そのせいか深い「ほうれい線」が邪魔をして口角が自然に上がりきれてないのが残念。
Kanna_hashimoto_image01

あと住宅情報館やソフトバンクのCM、バラエティでのトークなどを聞いてると、その出しづらそうなハスキーボイスもちょっぴり期待外れ。ま、これは自分のイメージと違ったってだけなので、この声は芝居の時に良い個性にはなるかな、とは思う。ただそのときは自然な発声が出来るようにトレーニングが必要だと思う。
今やベテランの域に達した宮沢りえも、初めてセリフらしいセリフを聞いた「三井のリハウス」のCMではその気が抜けた太めの声のガッカリ感はすごかった。その後もしばらくは「棒読みの女優」というイメージが続いたけど、今は良い芝居をする女優さんになったことを考えれば、まだまだ期待できますね。

まぁそれでもここ最近ではトップクラスの「ザ・アイドル」であることは間違いないでしょう。最近はこういったアイドルらしいアイドルって珍しいですしね。これから成長期で顔のバランスが変わってくると思うのですが、そうなってもアイドルらしさをキープできるかが問題。このままアイドル歌手路線で行くのか、アイドルらしさを残しつつ女優を目指す(例:夏帆)のか、ちょっと変わった芸風を身につけてバラエティの道へ進むのか等々。最近のバラエティ出演での姿を見るとかなりノリが良く、お笑いも結構いけそうな気はします。まぁ、どうなるでしょうかね。その辺も楽しみではあります。
_01_2
_02
Kanna_hashimoto_03
Kanna_hashimoto_01
Kanna_hashimoto_02
Kanna_hashimoto_04
Kanna_hashimoto_05
Kanna_hashimoto_06
Kanna_hashimoto_07

▼タップダンスする環奈(スマホで見れない場合はPCで見て下さい)
Kanna_tapdance

▼トドのマネする環奈(スマホで見れない場合はPCで見て下さい)
Kanna_todo_2

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

【気になるタレント 2013 その4】『能年玲奈』

能年玲奈
Kose_01
Asahi_nonenrena
Rena_nonen_amachan
Rena_nonen_avatar

いろいろ心配で気になるタレント「能年玲奈」です。「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈はカルピスウォーターのCMでの元気さ、ひょうきんさ、あまちゃんでの芝居の上手さは大変良いのですが、20歳とは思えないフリートークの下手さ、頭の回転の悪さ(機転が効かない、空気を読まない)、滑舌の悪さに目を覆います。アサヒ「ナチュレーブ」の CMでは何言ってるか分からない、空気のかすれる音しか聞こえないってレベルです。上記に掲載のコーセーとアサヒの写真でも分かるように見た目だけはとん でもなく綺麗で、最近にしては珍しい純日本人的アイドルであり、小動物的なかわいさもズバ抜けているんですけどね……。

実はこのトークできない振る舞いは全て事務所から言われた通りに行動している、つまりそれすらも「演技」という噂もありますが、このままの「売り方」では芸能人としては心配です。トークやコメント、舞台挨拶 も何もやらない、マスコミに全く姿を出さない、純粋な女優一本でやっていくのならまぁ有りなのかもしれませんがそんなのは現実には無いでしょうし。

冷静に考えると「あまちゃん」の芝居が上手く見えたのはたまたま「あまちゃん」の設定(素朴、天然ぼけ、なまり)が能年に合ってただけな気がしますね。むむむ、「(自分に合ったもの以外)芝居できない」「フリートーク出来ない」「空気読めない」となったら将来が絶望じゃないですか。

ただ、謎なのが自身の写真集の囲み会見などではスラスラと自分の意見を発言してますし、しかもその内容がしっかりとしてたりするんですよ。なのでやっぱりバラエティ番組などでは「不思議ちゃん」を演じているのか、実はものすごく空気を読む能力がありすぎて、中途半端でウケない発言をしないようについ黙ってしまうのかもしれません。

役柄が彼女に合ったときのその人物になりきる爆発的な表現力は他に類を見ないほど希有な女優だと思うので、事務所を含め周りが彼女を潰さないようにしないと貴重な人材を失うことになりそうです。

※2014年3月追記:
そうこうしてるうちに2014年3月からカルピスウォーターの新CMが始まりましたが、前作に比べると酷いです。セリフが棒読み過ぎる。

※2014年4月追記:
2014年4月5日放送の「世にも奇妙な物語」のエピソード「空想少女」では主演でしたが一部ネットニュースでは芝居の下手さが話題になっていました。しかし自分が観た感じでは芝居はいつも通りの能年節で滑舌が悪いながらも飄々(ひょうひょう)とした演技でこのエピソードには合っていた様に感じます。このエピソードが漫画的であまちゃんにも近いものがあったのが彼女には合ってたのだと思います。でも運が悪いことにこのとき共演の飯豊まりえの演技が素晴らしかったので、能年の演技が霞んでしまったというのが世間の評価を余計に下げちゃったのかも。

そんなこんなですが、非日常的ドラマでは能年の良さが発揮できるけど、普通のドラマでは心配でならない、というのが彼女に対する評価ですね。

Rena_nonen_kimyou2014
Rena_nonen_kimyou2014_2
Rena_nonen_kimyou2014_3

-------------------------------------------

他に2013年で気になるタレントは
松岡茉優
藤沢玲花
飯豊まりえ
とか。詳しくはリンク先へ。

ま、そんな感じ。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧